なんだ、がっかり・・・マライア・キャリー

わたしは、音楽が聴くのも唄うのも大好きで、唄うのはけっこう上手い方だと自惚れてます。

けっこう、低音から高音まで出ます。

声帯模写も得意で、クレヨンしんちゃんのモノマネとかよくします。

唄う方では、フランク・永井さんの重低音の真似、ガクトさんの真似、美空ひばりさんの真似などなど、いろいろ得意です。

なんか、人に言わせたら、カウンター・テナーっていうらしいですが、自分はそういうことらしいです。

で、声域に興味があり、ラジオなんかでいろいろ紹介されていたのを見聞きしてたんですが、アメリカのマライア・キャリーは7オクターブ、イギリスのMIKAが5オクターブ、日本の小野正利さんが4オクターブ以上、本田美奈子ちゃんが3オクターブ半、っていうことは知っていました。

でも、今朝、ウィキペディア百科事典で「声域」の表示、ってところで検索してみたら、実際は違うらしいんですね。

以下、コピペしたものを載せます。



人声の音域 [編集]
声域と呼ばれる。声域は生理的声域と声楽的声域に大別され一般には声楽的声域の意味で使われる。生理的声域は、母音が潰れたり奇声といわれるような声も数えるので声楽的な音域よりも広い。また、声楽において声域は声種(声の音色による区分)とペアで扱われる場合が多い。

ヒトの声域は、生後直後の赤子では440Hz前後で音域と呼べるものはほぼ無いが、成長するに従い、会話能力の上昇と共に、特に低音へ向けて広がる。第二次性徴のころには1.5~2オクターブ程度になる。第二次性徴を過ぎたころから大きな変化は無くなるが声楽家など歌唱訓練をつむ人は発声技術の向上によってさらに広がる。 一般成人の声域は2オクターブ程度で、声楽家の場合は2~2.5オクターブ程度。ポピュラー音楽はPAを利用することもあって歌唱に利用できる声の範囲がクラシックより広がるため、音域も広がりがちである。ファルセットを多用する歌手は3~4オクターブ近くに達し、ホイッスルボイスを使用する歌手は5オクターブを超えることもしばしばある。有名な、マライア・キャリーの7オクターブはあくまでキャッチコピーであるが、ホイッスルボイスを扱う歌手がそれだけを優先して鍛えれば、実際そういう声域になる。[要出典]

ホイッスルボイスは楽器でいうところのハーモニクスであり上限を定めるのは難しい。これは弦楽器とおなじである。生理的には可聴域いっぱい(つまり10~11オクターブ)まで発声できるという意見もある。
言葉が明瞭に聞こえることを条件にするならば、声の高さの上限はある程度定まる。重要なフォルマントのひとつが500~1000Hzの間に現れるため、声の高さ(基本周波数)が500Hzを超えると母音(特にoの母音)が不明瞭になり始める。(500Hzは鍵盤でいうとB4の辺りになる。また、古いベルカントの訓練法には純粋な母音を出すための訓練があるが、C5より上の音では行わないのが原則とされる。)さらに1000Hz近くまで達すると、もう全く、母音を表すことは不可能になる。下限は70~100Hz程度(これを下回ると正門閉鎖期が声道の共鳴周期を大きく超えてしまうため連続的な音に聞こえなくなる。)なので発語可能な音域は4オクターブ程度といえる。


声域の過剰表現 [編集]
地声でアルト歌手並みの高音が出せたり、ソプラノ歌手のような裏声が出せる男性歌手、ホイッスルボイスを使用する女性歌手のキャッチコピーに「4オクターブ」や「5オクターブ」という言葉が使われるが、そのような歌手の実際の声域は3 - 3.5オクターブ程であることが多い。

科学的ピッチ表記法を使用した5オクターブの声域は、例えば最高音がA6(ホイッスルボイス)の女性歌手の場合。成立させるためには、A1(ピアノの下から二番目のラ)まで出せる必要があるが、これはバス歌手の最低音よりも低い音で、女性の声帯で発声するには不可能に等しい低音である。

そのような過剰な表現が増えたため、地声が高い=4オクターブ。裏声、ホイッスルボイスが出せる=5オクターブ。というルールができつつある。

ちなみに5オクターブはマライア・キャリーの本当の声域であるが、彼女はバリトン歌手並みの低音(G#2)からハープの最高音に匹敵するホイッスルボイス(G#7)まで出すことができるためこの声域を実現してい



なんか、7から5になっちゃったけれど、それでもすごいな、でも、がっかり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

シンガー
2009年08月12日 06:52
でもマライアは確認されているだけで、5オクターブ。うたで使ってる声域だけで4オクターブ以上あるので、これは、とんでもなく凄いことですよ。こんな歌手ちょっといません。
め組のパセリとツマ
2009年08月12日 08:06
わたしも、最後、「すごいな、でもがっかり」って結んでいます。
とんでもないことは、想ってますが、7オクターブって宣伝だったから、そうなんだって信じ込んでたんですよ。
そこらへんに、「がっかり」ってことです。
わたしの大好きな本田美奈子ちゃんも、3オクターブ半出てますから、これまたすごい、って想ってます。
声域だけじゃなく、歌唱力も二人ともとても上手いと想いますが。
とにかく、桁外れですね。
かなしいね
2014年05月06日 05:47
w-inds.のボーカルは変声期前までは13オクターブ出たらしい

今こんなこといって誰が騙されるのか
オクターブのことわかってなかったんだろうかね広報担当
それとも購買層が馬鹿すぎただけ?

マライアに関しては未だに7オクターブのキャッチコピーつけられたりするけどね
笑えるよね
UTAMAOU
2014年09月02日 16:31
全然ガッカリすることないと思いますよ。近年ネットなどでマライアキャリーの声域は5オクターブと定着しつつありますが、最近のYouTubeなどでの声域検証映像などではマライアキャリーは歌で使用してきた声域だけで5オクターブを少し超えています。当方が好きなラシェル フェレルとゆう歌手が、声域6オクターブ以上と言われていますが、楽曲で使用している声域が4オクターブと少し、プロの歌手はたいがい声域を目一杯に使用することはなく、最大の声域より最低でも1オクターブ以上残し、楽曲を制作することがほとんどなどで、この理論からいくとマライアキャリーの声域は最低でも6オクターブ以上とみるのが妥当でデビュー時の7オクターブとゆうのもあながち嘘じゃないとゆうことになります。

ライト
2020年02月23日 00:04
マライアキャリーはやっぱり6オクターヴは超えてますね‥‥。低音もA1なんて音を軽く出してる動画、ユーチューヴで出てきます。