ロッド・スチュアート、暖炉に倒れこんで、ヨガ断念。

日本のアーティストに限らず、海外のアーティストも、様々な健康法の実施で、体調の自己管理をしているようですが、ロッドもやってたんですね。

でも、それが失敗に終わり、その健康法を諦めたとか・・・。

以下、その詳細記事です。




ロッド・スチュワートはサッカーは得意だが、バランス感覚に優れているわけではないようだ。ヨガを始めたものの、1度のレッスンで断念したという。

◆ロッド・スチュワート画像

スチュワートは自伝『Rod: The Autobiography』でこう記している。「インストラクターが家に来て、基本的なポーズを教えてくれた。俺は“バランス・テーブル”っていうビギナーズ・レベルをマスターしようとしたんだ。暖炉に倒れこんだよ」

バランス・テーブルとは四つんばいになって、片足、片手を床と平行に引き上げバランスを取るポーズ。それほど難しいものではないが、ロッドは早々にあきらめることにしたらしい。「もし神が人類にヨガをやらせるつもりなら、頭はひざの裏につけていたただろう」

ミュージシャの中では、スティング、コールドプレイのクリス・マーティン、マルーン5のアダム・レヴィーンらがヨガ愛好家として知られている。ロッドは、60を過ぎて2人の子供が生まれ、健康に気を遣うようになったそうだ。

この記事へのコメント